calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

プレインズウォーカーポイント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

禁止について

 

禁止カードについて色々と。

 

 

スタンダードで禁止カードが出ました。しかも3枚も。

 

公式の発表はこちら

 

禁止されたのは、この3枚。

 

 

 

《密輸人の回転翼機》

 

回転翼機に関しては、TOP8全員が4枚使用しているということも何回かあったくらいなので、発売直後くらいから禁止になる可能性はあるかもと思っていたし、色んなところで禁止の可能性については言われていた。

 

多少対策カードが作られたところで使われなくなるビジョンは見えないので、当然っちゃあ当然。

 

しかし、スタンダードで禁止カードが出ることは稀なので、なんだかんだで禁止まではいかないのかなぁとも思っていた。

 

確かに、強いし、使いやすいのだろうけど、前回の禁止カードである石鍛冶やジェイスほどのヤバさはないし。

 

対処できるカードがそれほど極端に少ないわけでもないし。

 

でも、禁止された。

 

どんなデッキにも入り得る無色のカードはもっと気を付けて作ってほしいものだね。

 

 

 

《約束された終末、エムラクール》

 

最初は、それほど騒がれてなかったように思う。霊気池デッキにウラモグと一緒に4積みされたが、ウラモグと比べると可愛い方。

 

他には、緑黒昂揚に1枚採用されたりもしたが、より注目され始めたのは、霊気池と昂揚のハイブリットデッキが流行り始めた頃だと思う。

 

最初の霊気池デッキは、霊気池さえ対処すればどうとでもなるような構成のものが多かったが、新しく出たハイブリット型は、最速で霊気池から4T目に出てくる可能性がある上、霊気池を対処しても墓地を肥やして6〜8マナで出てくるため、何かしらエムラを対策するカードがないと厳しい。

 

長引くほどエムラが出てくる可能性が高くなるので、遅いコントロールなどのデッキは、エムラの対策をある程度積まざるを得なくなっている。《即時却下》があると完全に対策できるが、他のデッキのことも考えると、あまりメインに積みたいカードではない。

 

どのデッキもエムラを除去れるカードを入れていたし、環境に与える影響は確かに大きかったと思う。

 

ただ、元々13マナのカードなので、どんなデッキにも入るわけではないし、頑張って墓地を肥やしても、基本は、最速で6ターン目。それに、実際は、6ターン目に6マナで唱えられることは非常に少ない。

 

かなり準備が必要なので、専用デッキでしか使えないという弱点を抱えているわけである。

 

ただ、問題は、霊気池によって、4T目に出てくる可能性があるということ。

 

なら、霊気池が禁止じゃね?

 

使ってる人が言うことではないと思うが、4ターン目に出すのは、運ゲー感が強くて、すごく理不尽。

 

確かに単体でも強い。けど、霊気池がなかったら、これほど活躍はしてなかったと思うし、禁止になるほどではなかったと思う。

 

まぁ、禁止になってしまったものはどうしようもないので、違うデッキを模索していくしかないけどね。

 

 

 

《反射魔道士》

 

これに関しては、かなり驚き。

 

今までの禁止や今回の他の2枚と比べるとかなりカードパワーが劣ると思う。

 

確かに、強い。けど、禁止されるほどのレベルだとは到底思えない。

 

まぁ、これが効きづらいデッキを使っていたから、それほどキツい印象を感じていないだけかもしれないが。

 

メタのデッキの青白フラッシュを弱体化させたかったのだろうけど、それほど一強状態であったとも思わないし。

 

ただ、これのせいで採用しづらいクリーチャーはいただろうから、環境に与える影響は大きかったと言えるのかも。

 

 

 

 

新しい環境になると、まずアグロが出てくる。やりたいことをやるだけの速いデッキは環境にどういうカードをあるのかを多少無視して組むことが可能だからだ。

 

そして、その後に、そのアグロデッキを受けることができるミッドレンジが生まれ、そのミッドレンジに対応できるコントロールができてくる。

 

そういったサイクルが何回か回ったり、コンボデッキなど新しいデッキが出たりして、最終的に安定して勝てるデッキがメタとして残ることになる。

 

実は、そういったメタの回りが、以前と比べると早くなっているらしい。

 

旧ゼンディカーの頃には、環境終盤になるまで3か月ほどかかっていたそうだ。3か月経てば、次のエキスパンションが出るので、そこでまた環境が変わる。

 

しかし、今では、3週間後には環境終盤のような状態になっているとのことだ(詳しくは、こちら)。

 

確かに、それほど速く環境が固まったまま、あまり変化がなくなるのならば、それをなんとかすることが求められるのは当然だろう。

 

禁止カードが出てしまうのも仕方がないということだ。

 

もう決まった事なので、今回の3枚が禁止になったこと自体は、受け入れるしかないし、別にいい。

 

環境が停滞することはよくないし、禁止カードが出ることでデッキの多様性が生まれるのは良いこと。

 

あるカードが使われ過ぎているせいで活躍できないカードがあるのも避けたいというのはよくわかる。

 

問題は、今回の禁止改定で、禁止の基準が明らかに変わったのではないかと思えること。

 

今までだったら、禁止になっていないレベルのカードが禁止になっている気がする。

 

それに、回転翼機に関しては、制作段階で強過ぎることに気付いていたというような記述を見たことがある気がする。

 

とりあえず、機体というメカニズムを使ってもらうために敢えて強力なカードを出したという。

 

それで、使われ過ぎたので禁止するのは、仕事が雑な気がする。

 

しかし、これは、制作側がこういう方針に変えたということを意味しているともとれる。

 

極端なことを言うと、「禁止カードにすることで環境の調整はできるから、禁止カードを出さないように調整する必要はない」という方向へシフトしたとも言える。

 

これは本当に極端だけど、禁止改定の頻度が多くなったのもこの方向へシフトしていることを示していると考える。

 

今回のこの2枚コンボも、あまりに流行ったらどちらかを禁止にしたらいいと思ってるようにしか思えない。

 

 

 

 

スタン環境を健全に保つために禁止が出ることは仕方ないことだし、今後も出すというなら受け入れるしかないんだけど、一つ問題なのは、お金の話。

 

最近、カードの価格がどんどん高騰しているし、今回禁止になった回転翼機もエムラもシングル価格2000円超え。

 

今後も禁止になることを考えたら、高額カードに手が出づらくなる。

 

まだ、2kならマシな方だが、4k超えのリリアナとかが禁止になったら、流石に目も当てられない。

 

特に、スタンダードは新規プレイヤーが入ってくるフォーマットなので、新規離れが起きるようなことはなるべく避けるべきなのではないかと思う。

 

石鍛冶やジェイスみたいに下の環境ですら暴れているスペックのカードが禁止になるのは当然だと思うし、そういうカードは下の需要があるため、ある程度の買い取り価格が保障されている。

 

スタンしかやらない人は売ることで、被害を抑えることができるというわけだ。

 

しかし、それほど強力なカードでないカードが禁止になった場合、元々、スタン以外で居場所がそれほどないので、全くといっていいほど価値のないカードになってしまう。

 

モダンの禁止カードなどは、いずれ禁止が解除されるという可能性もあるが、スタンの禁止カードは基本的に解除されることはない。

 

数千円、数万円払って手に入れたカードが紙屑同然になるというわけだ。

 

ソシャゲのシャドウバースでは、カードが強過ぎる場合、コストなどを変更して強さを調整するが、一定期間を設けて、その期間は、そのカードを売ることで、そのカードを作成するのに必要な量のエーテルが貰えるようにするなどの対応を取っている。

 

なかなか現実では、そういうことは難しいかもしれないが、何かしらの対策を考えて欲しいところ。

 

ちなみに、とあるカードショップでは、そのショップで購入したパックをショップ内で開封した場合に限り、禁止カードが出たら、他のパックと交換してくれるというサービスを行っていると聞いた。

 

こういう消費者のことを考えたサービスはすごく大切だと思う。

 

禁止カードが更新されまくる遊戯王とかは価格の変動やプレイヤーの意識はどういう感じなのだろうか。

 

自分がやっていた頃は、それほど高額ではなかったから、それほど問題にはなっていなかったが。

 

今回の禁止騒動で色々と思うことがあったので、適当に書き殴ってみた。

 


スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • 12:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック