calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

プレインズウォーカーポイント

ゲームデー カラデシュ

 

前回の赤緑ランプからの変遷とか

 

 

 

土地(23)

4《燃えがらの林間地》

2《獲物道》

3《進化する未開地》

2《見捨てられた神々の神殿》

2《溺墓の寺院》

4《山》

6《森》

 

クリーチャー(13)

4《導路の召使い》

2《鬱後家蜘蛛、イシュカナ》

2《焼却の機械巨人》

2《世界を壊すもの》

3《約束された終末、エムラクール》

 

その他(24)

4《ウルヴェンワルド横断》

4《発生の器》

4《過去との取り組み》

4《蓄霊稲妻》

2《崩れた墓石》

4《反逆の先導者、チャンドラ》

2《生命の力、ニッサ》

 

 

前回載せたデッキ。

 

エネルギー型も悪くなかったけど、アグロが増えてきたので、改変。

 

 

土地(23)

4《燃えがらの林間地》

2《獲物道》

3《進化する未開地》

2《溺墓の寺院》

2《霊気拠点》

4《山》

6《森》

 

クリーチャー(9)

3《鬱後家蜘蛛、イシュカナ》

3《世界を壊すもの》

3《約束された終末、エムラクール》

 

その他(27)

4《ウルヴェンワルド横断》

4《発生の器》

4《流電砲撃》

4《過去との取り組み》

4《崩れた墓石》

3《安堵の再会》

2《コジレックの帰還》

2《反逆の先導者、チャンドラ》

 

 

とにかく掘って、エムラを叩き付ける構成にした。

 

割りと安定して昂揚を達成できるので、イシュカナで耐えてる間にエムラに繋げられる。

 

この赤緑ランプ自体は、割りと気に入っていたが、世間に出てきた霊気池デッキと赤緑エネルギーアグロに9割方勝てないので、変更を余儀なくされた。

 

最初、黒をタッチしようと考えてたんだけど、赤である必要性に疑問も出てきた。

 

それなら、黒緑で組んでみようとなり、こんな感じに。

 

 

土地(24)

4《風切る泥沼》

4《花盛りの湿地》

1《穢れた果樹園》

3《進化する未開地》

2《溺墓の寺院》

6《沼》

4《森》

 

クリーチャー(13)

4《残忍な剥ぎ取り》

2《ゲトの裏切り者、カリタス》

2《墓後家蜘蛛、イシュカナ》

1《害悪の機械巨人》

1《世界を壊すもの》

3《約束された終末、エムラクール》

 

その他(23)

4《ウルヴェンワルド横断》

4《発生の器》

2《過去との取り組み》

3《闇の掌握》

4《崩れた墓石》

1《殺害》

2《破滅の道》

2《最後の望み、リリアナ》

1《生命の力、ニッサ》

 

サイド(15)

3《不屈の追跡者》

1《高木背の踏みつけ》

2《死の重み》

2《精神背信》

2《知恵の拝借》

2《人工物への興味》

2《餌食》

1《本質の摘出》

 

 

デッキを組んだのがゲームデー当日。

 

ほとんど回すことなく参戦。

 

 

1回戦 vs 青白フラッシュ

1−2

 

2回戦 vs アブザンコンボ(アリストクラッツ)

2−1

 

3回戦 vs 緑黒ミッド

2−1

 

4回戦 vs 赤黒バーン

1−2

 

 

ということで、2勝2敗の8位。

 

結構プレイングスキルが必要なデッキに仕上がってたので、練習不足でプレイミス連発。

 

デッキ自体のポテンシャルは高かったので、1週間前にデッキ組んでたら、違う結果になっていたと思う。

 

その後、少し弄って、今の構成はこんな感じ。

 

 

土地(23)

4《風切る泥沼》

4《花盛りの湿地》

3《進化する未開地》

2《溺墓の寺院》

6《沼》

4《森》

 

クリーチャー(15)

4《残忍な剥ぎ取り》

2《金線の使い魔》

2《ゲトの裏切り者、カリタス》

2《墓後家蜘蛛、イシュカナ》

1《害悪の機械巨人》

1《世界を壊すもの》

3《約束された終末、エムラクール》

 

その他(22)

4《ウルヴェンワルド横断》

4《発生の器》

2《過去との取り組み》

4《闇の掌握》

1《殺害》

2《破滅の道》

3《最後の望み、リリアナ》

2《面晶体の記録庫》

 


スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • 22:57
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック