calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

プレインズウォーカーポイント

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

永劫の輪廻


コンボ好き、集まれ〜!!

 

キューブをやる上で、コンボを知っているかどうかでピックが大きく変わってくる。

まぁ、自分で気付けるのが一番いいけど、昔のカードの知識がないと、なかなか難しい。

コンボを考えるのも楽しみの一つではあるのは認めるけどね。

でも、制作者側からすると、せっかく入れたコンボが全然気付かれないままスルーされると切ない気持ちになる。

ということで、キューブでできるコンボについて、毎回カードを1つ取り上げて書いていくことにする。

毎回って書いたけど、多分そんなに続かないと思う。

ていうか、この1回で終わる可能性もあると思う。

第1回目にして、最終回。

その分、ボリュームはかなりあるよ。

ということで、第一回のお題は、これ。





なぜかちゃんとした画像が見つからなかった。

ということで、効果を書いておこうかね。


《永劫の輪廻》 (2)(W)(W)
エンチャント
あなたの手札を公開した状態でプレイする。
あなたがカードを引く場合、代わりにあなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それがクリーチャー・カードである場合、それをあなたの墓地に置く。そうでない場合、カードを1枚引く。
クリーチャー1体が戦場からあなたの墓地に置かれるたび、それをあなたの手札に戻す。


主に、注目する点は、「クリーチャー1体が戦場からあなたの墓地に置かれるたび、それをあなたの手札に戻す」。

主にというか、上2つは、コンボする上では気にしない。デメリットだしね。

まぁ、重いクリーチャーとリアニ呪文がたくさん取れたら、2つ目の効果を目的に入れるのもアリかもしれないけど。

クリーチャーが、戦場→墓地→手札→戦場→…とぐるぐるするのが、このカードを使った一般的なコンボ。

そこで必要なのが、「戦場からクリーチャーを墓地に送るためのカード」と「手札からクリーチャーを場に出すためのカード」。

例えば、《ゴブリンの砲撃》があれば、いくらでもクリーチャーを生け贄に捧げることはできるが、墓地から手札に戻ったクリーチャーのマナコストが毎回必要になるので、無限コンボにはならない。

逆に、《魔の魅惑》によって3マナ以下のクリーチャーがマナコストを支払わずに唱えられるようになっても、墓地に送る手段がないと、ループさせることはできない。

生け贄に捧げる手段は後で記述することにして、まずは、手札からクリーチャーを出すための方法から考えてみよう。

一番簡単なのは、唱えることにマナコストが必要ないクリーチャーを用意すること。

そう、0マナのクリーチャーだ。

しかし、現在、キューブにはマナコストが0のクリーチャーは入っていない(今後入る可能性は十分にある)。

なので、0マナのクリーチャーを作ってみることにしよう。

現在、キューブに入ってる1マナのアーティファクト・クリーチャーは、《囁く歯車の隠密》《呪詛の寄生虫》《ファイレクシアン・ドレッドノート》の3種類だ。

これに、全ての呪文のマナコストを1軽くする《覚醒の兜》を加えると、0マナクリーチャーのできあがり。

特に、《ファイレクシアン・ドレッドノート》は、クリーチャーを生け贄に捧げないと自分で墓地にいってくれるので、生け贄手段を用意しなくてもよい。

次に、マナを生むクリーチャーを使う方法。

一番簡単なのは、《野生の朗詠者》。1マナだし、生け贄に捧げることでマナを生むので、生け贄に捧げる方法を用意しなくても無限にループさせることができる。

その他、使いやすいクリーチャーとして、戦場に出たときに3マナ供給する《ギックスの僧侶》と《ウラブラスクの僧侶》や墓地に置かれたときに3マナ供給する《陰極器》がいる。

また、《ラノワールのエルフ》などのマナクリーチャーに《ヤヴィマヤの火》などで速攻を付与するという方法もある。

《野生の朗詠者》は、単体で成立するが、他のクリーチャーは、生け贄に捧げる手段を他で用意する必要がある。

現在、キューブに入っている、クリーチャーを生け贄に捧げることができるカード(コストが生け贄のみのカード)は以下の通り(これの他にもある可能性はゼロではない)。


《アシュノッドの供犠台》 (2)を生む
《ファイレクシアの供犠台》 好きなマナを1つ生む
《狂気の祭壇》 パワー分ライブラリー破壊
《ゴブリンの砲撃》 クリーチャーかプレイヤーに1点
《臓物の予見者》 占術1
《軍族の解体者》 絆魂か速攻か警戒を得る
《ファルケンラスの貴種》 破壊不能を得る
《死体生まれのグリムグリン》 +1/+1カウンターを置いてアンタップ


アーティファクトを生け贄に捧げる
《クラーク族の鉄工所》 (2)を生む


先ほど、1マナのアーティファクト・クリーチャーを《覚醒の兜》で0マナにする方法を紹介したが、《アシュノッドの供犠台》や《クラーク族の鉄工所》があれば、《覚醒の兜》がなくても無限マナを出せるし、《ファイレクシアの供犠台》があれば、アーティファクトに限らず1マナのクリーチャーをループさせることができる。

最初に、このコンボを成立させる上で必要なのは、「戦場から墓地に送るためのカード」と「手札から戦場に出すためのカード」と記述したが、実は、もう一つ必要なものがある。

それは、ループすることで、勝ちにつなげるカードだ。

《永劫の輪廻》と《野生の朗詠者》で無限ループは完成している。しかし、無限にループさせることができているだけで、実際、それだけでは何も意味がないし、勝ちにはつながらない。

《ギックスの僧侶》を生け贄に捧げるとき、《ゴブリンの砲撃》ならそれ自体が勝ち手段になるが、《軍族の解体者》ではそうもいかない。

だが、「クリーチャーが戦場に出ることで誘発するカード」や「クリーチャーが戦場から墓地にいくことで誘発するカード」があれば、無限ループが無限ライフや無限ダメージになったりする。

そんなカードを挙げてみた。


《血の芸術家》 無限ドレイン
《伏魔殿》 無限ダメージ
《鍛冶の神、パーフォロス》 無限ダメージ
《オーリックのチャンピオン》 無限ライフゲイン
《本質の管理人》 無限ライフゲイン
《起源室》 無限トークン
《群の祭壇》 無限ライブラリー破壊


他には、クリーチャーがぐるぐるループするときに、クリーチャー呪文を“唱えている”ので、無限ストームをすることもできる。 

キューブ内にあるストームを持つカードは、以下の通り(今後増える可能性は高い)。


《思考停止》 ライブラリー破壊
《巣穴からの総出》 トークン生成
《苦悶の触手》 ドレイン
《記憶の点火》 ダメージ
《精神の願望》 ライブラリーの呪文プレイ

墓地ストーム
《苦々しい試練》 ライブラリー追放


やはり、コンボを組むからには、無限コンボを狙いたいところだが、無限でなくても、相手に勝てればそれでも問題はない。

例えば、《永劫の輪廻》と《伏魔殿》が出ている状態で、《ファイレクシアン・ドレッドノート》が手札にあれば、1マナにつき12点もダメージを与えることができる。

他にも、直接勝ちにつながるコンボでなくても、シナジーとして活用する方法もある。

墓地にいったクリーチャーが全て手札に戻るので、生け贄に捧げるカード全般と相性が良い。

《漸減》があれば、相手が黒でない限り、クリーチャー除去には困らないだろう。

また、すぐにコンボができればよいが、なかなかそうもいかない。

しかし、《永劫の輪廻》を戦場に出してしまうとクリーチャーを手札に加えることができなくなってしまう。

そういった場合に備えて、《ファイレクシア流再利用》《定員過剰の墓地》《無残な収穫》などをピックして墓地からクリーチャーを回収できるようにしておくと、《永劫の輪廻》のデメリットも気にならないかも。

また、コンボを組む上で必要なカードばかり集めていると、キーカードが引けないとなかなかデッキとして機能しない可能性が高い。

なので、サーチ呪文やドロー呪文なども積極的にピックしていきたい。

このデッキで言うと、好きなカードをサーチできる黒のサーチ呪文の他、《永劫の輪廻》やサクリエンジンをサーチできる白のサーチ呪文も使いやすいだろう。

最後に、コンボを作る上で忘れがちなことについて記述しておこう。

コンボデッキを組むときに、コンボに必要なカードをかき集めるのに夢中になり過ぎると、他がおろそかになる。

除去カードやクリーチャーなど盤面に触れるカードが少ないと、コンボを決める前に負けてしまう。

なので、コンボパーツなどを集めつつ、相手を妨害するカードもピックすることが大事。

今回のようなクリーチャー中心のコンボデッキなら、除去内蔵のクリーチャーなどをピックできるとデッキに合ってて使いやすいだろう。

《永劫の輪廻》が出ていれば、戦場に出したクリーチャーは回収できるので、《神の怒り》などのリセット呪文も相性がいいかも。

コンボデッキは、普通のビートデッキやコントロールと比べるとピックが難しいかもしれないが、コンボが上手く決まったときの快感はなかなか他には変えられない。

さぁ、まずは1回、コンボデッキを組んでみよう。
 

スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • 21:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
網目のようにシナジー張り巡らすのが理想だから、特定の1枚を引かなきゃダメってのは使いにくいな
牧歌的な教示者とか出ないときつい
  • ゴミシュラ
  • 2014/12/25 7:30 PM
≫ゴミシュラ
それが、キューブでコンボやる上で一番難しいところだよね。
定員過剰の墓地とか取れれば、クリーチャーとサクリ台をかき集めて、ある程度形になりそうだが。
  • CF
  • 2014/12/26 9:46 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック