calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

プレインズウォーカーポイント

訓練されていなければショックで死んでいた

 
13日(火)から19日(月)までと長い夏期休暇も今日で終わり。

MTG、飲み会、ボウリング、花火、カラオケと色々ありました。

そして、その最後を飾ったのは…

 
水樹奈々のライブ 「NANA MIZUKI LIVE CIRCUS 2013」



Godさんに誘っていただき、二人で行くことに。

水樹奈々の歌は割りと好きだが、それほどたくさん知っているわけではない。

知らない曲ばかりだと流石にキツいだろう。

だが、その辺りは問題ない。

わざわざGodさんがライブで歌われそうな曲を選曲して作ったCDを貸してくれたのだ。

60曲くらいあったので、全てをしっかり覚えることはできなかったが、大体はなんとなく把握できたと思う。

知ってる曲も10曲近くあったしね。



当日は10時頃から動き出し、まずは、星野珈琲でモーニング。

そこで、昨日貰ったという冊子を見せられる。




ファンクラブがなんかが作った非公式の冊子で、色んな歌のサイリウムの振り方などが細かく書いてあるのだ。



これを見て絶望。

…無理じゃね?

俺はとんでもないところへ行こうとしてるのではないか?

まぁ、他にも初めて行く人もいるだろうし、大丈夫でしょ。…多分。

このときは、まさか、あんなことになるとは思いもしなかったのであった。



バス→電車→バスと乗り継いで、14時頃に現地に到☆着!

途中、コンビニで買った昼飯も食べて、エネルギー補給もバッチリ。

しかし、バスを降りた辺りから、歩いている人が明らかにおかしい。

どいつもこいつも同じようなTシャツを着て、同じようなタオルを首に巻いている。

さらに、駐車場には大量に痛車が!



アニメキャラの痛車は何度も見たことあるけど、実在の人物の痛車は初めて見た。



ナンバープレートもしっかり「77」になってるし、猛者が多すぎる。

場違い感がヤバい。

グッズの売店で何かを購入して装備しなければ。


水樹奈々のライブ限定タオル (2700)
アーティファクト        R
装備しているクリーチャーがライブに行くとき、白い目で見られる可能性が減る。
装備(少しの羞恥心)

水樹奈々のライブ限定Tシャツ (3000)
アーティファクト      R
装備しているクリーチャーがライブに行くとき、白い目で見られることはなくなる。
装備しているクリーチャーは、一体感を得る。
装備(もう戻れない日々)


タオルを購入。そして、装備。



とりあえず、周りに紛れることに成功。

あと、Godさんにこちらのピンバッジを買って貰った。



いい記念になる。



開場まで時間があったので、周りを見渡しながらぶらぶら。

結構女子率が高い。

しかも、コスプレしてる人も何人か。

水樹奈々のPVやライブの衣装と思われるものを着てる人が結構いた。

お願いして写真を撮らせていただいた。



一応、簡単に顔をわからなくしたけど、こういうの載せてもいいのかな。よくわからん。

まぁ、身内以外で見てる人いないだろうし、大丈夫でしょ。…多分。

水樹奈々が黒髪なので、それを意識してか、今時珍しく黒髪の子が多かった。

なんという俺得。

他にも、フェイトのコスプレもいたよ。男だったけど。



15時に予定通り開場。

会場内にはミストがかかってて割りと涼しかった。

席は、割りと前の方の塊の一番後ろの列。左前にステージがある。

時間になり、BGMが止まると、雄叫びが。

しかし、フェイントで、またBGMが流れる。

数十分遅れて、開演。

周りに合わせてサイリウム(こちらもGodさんから貸していただきました)を振る。

それほど動きは複雑ではなかったので、2,3曲見てたら、大体把握できた。まぁ、中には動きが複雑な曲もあったけどね。

知ってる曲が多かったというのも大きいと思う。

歌によってサイリウムの色が異なり、青、赤、ピンク、オレンジの4パターンあるみたいだった。

自分たちは青しか持ってなかったけど、基本のカラーが青ということだったので、なんとかなっていたと思う。

緑とか振ってたらどんな目で見られるか、想像するだけでも恐ろしい。

それほど激しく振ってるわけではないんだけど、休むことなく振り続けているので、かなり腕が疲れる。

右手から左手に持ち替えたりして騙し騙し振っていたが、終盤はどちらの腕も疲労がピークで大変だった。

飛び跳ねたりもしてたから、地味に、足にも疲労感が。

そうそう、自分の左前の方に黒髪ツインテールの可愛い子がいて、その子がミニスカートでサイリウム振りながら飛び跳ねたりお尻を振ったりするものだから、かなり目の保養になりましたよ。

席が一番後ろの列だったおかげでそれほど暑くはなかったのだが、ETERNAL BLAZEからがヤバかった。

ステージでたびたび炎が上がるんだよね。その熱気と盛り上がりによる人の熱気で急激に気温上昇。

タオルも服も汗でびしょぬれ。

まぁ、俺はまだマシな方だったけどね。

後ろの席になかなかの猛者がいて、一人で踊り狂ってたんだよね。マジで汗の量が尋常じゃなかった。

サイリウムも10本くらい持ってたし。

ていうか、ほとんどの人が複数本持ってたんだよね。

1色しか持ってない人は少数派。

あと、このライブは、愛媛から始まり、大阪、岩手、福島、埼玉、宮崎、鹿児島ときて、愛知で終わる全部で11公演あるんだけど、県外から来てる猛者も多かった。

水樹奈々が「東海地方の人〜」とか「それ以外の人〜」とか呼びかけてたんだけど、東海地方以外から来てる人が半分近くいた。

全部行ってる人もいるんだろうな〜。

極めてるやつが多すぎる。



ライブの終わりが近づき、水樹奈々がステージから去ると、奈々コールが始まる。

水樹奈々のライブでは、「アンコール」の代わりに「な〜な、な〜な」という奈々コールがかかるのである。

最初はバラバラでまばらだった奈々コールも次第に合わさって一つになっていく。

そして、水樹奈々が戻ってきて、アンコール。

最後は、ステージ上で全員が手を繋いで、礼。

で、綺麗に終わったかと思ったら、ダブルアンコール。

あの終わり方から戻ってくるのはどうかと思う。

全体の感想としては、かなり疲れたが、ほどよい達成感もあり、なかなか楽しかった。

でも、まぁ、また行きたいとは思わないかな。

スポンサーサイト

  • 2017.09.10 Sunday
  • -
  • 14:35
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
最後の一言が残酷すぎて笑いがwww
  • きの
  • 2013/08/20 10:52 AM
そうそう、自分の左前の方に黒髪ツインテールの可愛い子がいて、その子がミニスカートでサイリウム振りながら飛び跳ねたりお尻を振ったりするものだから、かなり目の保養になりましたよ。>お願いして動画とってこいよクソが
  • 職人
  • 2013/08/20 5:46 PM
>>職人さん
会場内は、当然、携帯禁止ですよ。
ちなみに、右前方と左後方にも可愛い子がいましたよ。
  • CF
  • 2013/08/20 10:42 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック